ツグナラコラム

TGNR Column

2021.07.20 | 事業承継

事業承継に必要な3つの視点

皆さんこんにちは、サクシードの水沼啓幸です。日ごろから、国家的な中小企業の課題になりつつある事業承継支援を中心に活動を行っております。ここでは毎回、事業承継にまつわるトピックスについて事例を交えてお送りいたします。...続きを読む
2021.07.20 | 事業承継商品・サービス

価格競争からの脱却〜さらば価格競争〜

中小企業の収益性は大企業に比べて一般に低く、その結果として社員の給与も低くなっています。近年この格差は、平均給与格差、賞与格差として広がる一方です。この原因はここ20年間デフレの影響を受け、異常とも呼べる価格競争が多くの業界で過度に起こった所以です。今やこの国最大の課題とまで言われるようになった多く...続きを読む
2021.07.20 | 事業承継

M&Aの概念が変わった

新型コロナ禍においてM&Aを含め「事業を誰かに引き継ぎたい」と希望する経営者が増えてきました。弊社にも毎週のように事業を譲渡したい、受け継ぎたいという相談が寄せられています。しかし、お互いの会社にとってM&Aによる事業承継は初めてのケースがほとんどです。さらに地域において、このようなケースに相談に乗...続きを読む
2021.07.20 | M&A

成長戦略としてのM&Aで目指すべきもの

経営外部環境がすごいスピードで変化する昨今、買収した企業の収益性を維持することは簡単なことではありません。得意先が大手で安定している企業であっても、競合企業の出現やコストカット対象になるリスクはゼロではないのです。そのようなリスク回避のためにも、買収前から既存事業とのシナジー効果(相乗効果)を戦略と...続きを読む
2021.07.19 | IT推進・DX

Webサイト改善のPDCAサイクルで地域一番ブランドに

Webサイトが中小企業のマーケティングにおいて主導的な役割を果たすようになって久しいですが、きちんと集客・売上に繋げるツールとして有効活用できている企業の数は決して多くないのが実情です。
単なる看板のようなwebサイトではお客様は振り向いてくれません。お客様のニーズを分析し、お客様が見...続きを読む
2021.07.19 | 事業承継

経営人財の育成

「幹部社員に会社を継ぎたい」「ある会社から会社を引き継いでくれとの依頼があるが社内に任せられる人がいない」という相談をよくいただきます。親族内に後継者がいなければ、「今いる社員のなかから誰か」という選択肢になってきます。また、後継経営者が40%しかないない現状では業界の若手経営者に事業引継ぎの依頼が...続きを読む
2021.07.17 | M&A

M&Aでうまくいかないパターン

日本にとって国家的な問題であった事業承継問題は、このコロナショックにより表面化するタイミングが早くなるだろうと言われています。しかし、中小企業の経営戦略においては、M&Aは有効な戦略ですがうまくいかない事例も多いのが実情です。実は、一般的なM&Aの成功確率(成功の定義が曖昧ですが)は、3割程度と言わ...続きを読む
2021.07.17 | M&A

M&Aで会社を引き継ぐときに必要なメンタル

多くの会社のM&Aをアドバイザーとして関与してきて、M&Aとは売り手も買い手も誠実な応対が求められる取引だとつくづく感じます。自分だけの利益だけを考えると、絶対にうまくいきません。お互いに今後の事業の未来に何ができるかを考える姿勢がない限り、取引はうまくいかないでしょう。ここでは、売り手企業に必要な...続きを読む
2021.07.16 | M&A

M&A相談が急増しています

昨今、メディアで聞かない日はなくなった事業承継問題。経営者が高齢化し、続けたくても続けられない会社が増加しています。会社が続けられないとなると残された選択肢は、廃業または解散か、誰かに引き継いでもらうという2択となります。その2択の中で、雇用している従業員や、長年の間に培った事業ノウハウを継続するこ...続きを読む
2021.07.16 | M&A

M&Aの成功と新規事業の成功は似ています

最近、中小企業の経営者さんからM&Aの成功要因を聞かれることが多いです。中小M&A(買収価格が3,000万以下のイメージ)は、新規事業での成功パターンととても似ていると思います。ですので、今回は経営コンサルタントして新規事業を考える際にアドバイスするポイントをまとめてみます。...続きを読む
2021.07.14 | M&A

実体験!感動の事業承継が生まれた2つのポイント

先日、創業43年になる企業の、感動の事業承継の現場に立ち会わせていただきました。新体制となった会社の社長は74歳、新社長は48歳です。
役員、幹部社員で祈祷を受け、朝礼にて全社員に向けて社長就任の報告をしました。経営幹部の方から先代社長へ創業43年の労をねぎらう一言と、全社員で感謝の挨...続きを読む
2021.07.14 | 事業承継

中小企業経営はM&A一色に

帝国データバンクの調査において「向こう一年以内に日本の中小企業約140万社のうち約31万社の中小企業が廃業する危機に瀕している」(2019年)とのショッキングな結果が発表されました。中小企業白書等においても、このまま中小企業の廃業が続くと雇用にして650万人、GDPにすると22兆円が消える可能性があ...続きを読む
2021.07.12 | 事業承継

ポストコロナの事業承継

新型コロナの影響が長引く環境下、中小企業は政府の緊急融資制度などにより当面の資金確保で多くの企業は継続できています。しかし、その後の事業運営をどのように行えばよいのか、まだまだ見通しが立たない状況です。ただいつの時代も外部環境が危機的な状況下においては共通の法則があります。緊急事態宣言が何度も発令さ...続きを読む
2021.07.12 | M&A

一度M&Aをすると、いい案件が寄ってくるようになります

事業承継問題が大きな社会課題と認識されるようになってから、M&Aという取引は中小企業にとって身近なものとなりつつあります。サクシードにも、「M&Aを活用して事業分野を広げたい」「他地域展開をM&Aで実現したい」「事業が急成長しているので、M&Aを利用して人財採用したい」というような相談は近年とても増...続きを読む
2021.07.09 | 事業承継

個人保証は外せるのか?

最近弊社のお客様でも保証人なしで融資を受けるお客様が増えてきていらっしゃいます。しかも、大企業に準ずる規模の大きな企業かと言えば売上高数億円の企業においてもですから、かつて金融機関に身を置いた私としては「時代は変わった」というのが率直な感想です。さて、ではどうしてこのような展開になってきたのでしょう...続きを読む
2021.07.09 | M&A

M&Aの交渉は、お互いへの思いやりが大切

M&Aの交渉は、お互いの利益が相反する交渉となりがちです。
売り手企業の社長は1円でも高く売りたいと考え、買い手企業の社長は1円でも安く買いたいと考えているからです。この調整を請負うのがM&Aアドバイザーの役割ですが、M&A成立後の関係性がうまくいっている事例をみると、ある共通点がある...続きを読む
2021.07.07 | IT推進・DX

GoogleマイビジネスによるMEO(マップエンジン最適化)で集客力アップ

皆さん、Googleマップを使っていますか? PC向けの地図サービスとして、またスマートフォンの地図アプリとしても最大のシェアを持っているGoogleマップですが、最近では、Googleのwebサイトからの検索結果でも広告のすぐ下、オーガニック検索の検索結果の上の位置にマップの情報が表示されているこ...続きを読む
2021.07.05 | M&A

M&Aを考えたら、いったい何からすればいいのか?

会社売却(事業売却)を考えた場合、まずするべきことは信頼できる金融機関・M&A仲介業者(M&Aアドバイザー)・M&A知識のある公認会計士・税理士に売却の相談をすることです。...続きを読む
2021.07.01 | IT推進・DX

データの宝庫「名刺」をビジネスに活用しよう

仕事をしていると自然と溜まっていってしまう名刺。最近ではスマートフォンで撮影するだけでデータ化してくれる便利な管理用のアプリも増えてきており、使ったことがある方、実際に活用しているという方も多いのではないでしょうか。本稿ではメジャーな名刺管理アプリ・サービスのご紹介と、集めたデータの活用方法について...続きを読む
2021.06.30 | M&A

M&Aの適切なタイミングとは?

M&Aで一番大切なことは「M&Aは目的ではなく、戦略的手段である」ということです。
まず、売却のタイミングとしては絶対的なものはありませんが、一定の収益性があるうちではないと買い手がつきにくい現状があります。どんなビジネスも長期繁栄、長期安定は難しい時代になってきました。業績悪化が顕著...続きを読む
2021.06.28 | M&A

日本で深刻化する事業承継問題

今、日本の中小企業における深刻な問題となっている事業承継問題は、今や新聞等で聞き慣れた言葉になってきました。シンプルに言うと、会社を継いでくれる人がいないということです。休廃業・解散企業の代表者年齢を見てみると、2015年には70代以上の廃業が約40%まで増加していることがわかります。このデータから...続きを読む
2021.06.14 | 事業承継

金融施策の活用と事業承継

現在、中小企業に対する経営支援施策は有事ということもあり、補助金、助成金、融資制度などこれまでにないの施策がなされています。特に資金繰り円滑化対策として、日本政策金融公庫などの新型コロナ対応制度融資、民間金融機関の信用保証協付融資であるゼロゼロ融資(金利、保証料免除)は中小企業の資金繰り円滑化に大き...続きを読む
2021.06.10 | 事業承継組織・人事

後継経営者の役割

「後継者問題に関する栃木県内企業の実態調査(2017年)」帝国データバンク宇都宮支店によると栃木県内事業所の61・8%において後継者が決まっていません。結果からはもはや後継経営者と呼ばれる人材が半分以下になってしまっている現実が読み取れます。ますます後継経営者は地域にとって必要な人材になっていきます...続きを読む
2021.06.07 | M&A

事業承継は誰に相談すればいいのか?

上場しているような大きなM&A仲介会社においても、成約確率は5%程度と言われていますので、相談案件があってもなかなかうまくいく事例は少ないということがわかります。さて、そのような狭き門とも呼べる第三者承継(M&A)を検討した時、一体誰に相談するのが正解なのでしょうか。...続きを読む