稀有な事業承継でもあるから創業のような身軽な意思決定が可能に

リックス工業株式会社

住宅業界にあってお客様へのソリューション提供を実現

経営理念

弊社は、平成7年の創業以来「デュポン™ タイベック®」の総輸入販売元である旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツ株式会社様の販売代理店として、 透湿防水シート「デュポン™ タイベック®」を全国に販売しております。
近年の住宅業界は、少子高齢化や嗜好多様化を背景に住宅需要は減少の一途をたどっていきますが、 弊社も時代の変化に合わせ、お客様のニーズに合った商品、サービスを提供してまいりますので、今後とも皆様からの変わらぬご愛顧、何卒宜しくお願い申し上げます。

社長メッセージ

私がリックス工業と出会ったきっかけ

私は栃木出身です。事務機器販売会社、企業信用調査会社にそれぞれ5年ほど勤務しておりました。弊社との関係は、前職時代のクライアントであったことです。当時、後継者がおらず、社長をはじめとした一族経営で年齢は皆60代とうこともあり、社長の引退とともに廃業を見据えながの経営でした。ただし、積極的な経営方針をとればまだまだ伸びしろが感じられるビジネスであるほか、財務面も安定していたため、社長としても出来れば会社を残す選択が理想であったようです。しかしながら、一から人材を育てる環境はなく、時間的余裕もないため、消去法として廃業という選択肢を選ぶしかなかったのだと思います。当時の私の仕事は、企業調査だけでなく、クライアントの様々な課題を解決するコンサルティング業務に携わっていたことからM&Aのご提案もしましたが、なかなかこの規模の会社を引き継ぐ相手を探すことは難しく、一般的な同業他社への譲渡ということも今ほどM&Aが浸透していない時代ということもあって現実的ではなかったです。ただ、私としては廃業させるのは惜しい、どうしてもこの会社を残したい。そんな想いが強く、ならば自分自身がやろうと決断。何度か断られはしたものの社長を説き伏せて、東日本大震災の年に入社に至りました。

入社してからの奮闘記

経営や数字に携わる仕事をしていたため、そういった「知識」だけは経営者より持っていたと思います。ただ、事業承継においては、そのような知識よりも、双方の信頼関係を如何に構築していくかという点が遥かに重要です。それを様々な現場で見てきた私は、自分にゼロからの出発を言い聞かせるため入社当日は清掃用具のみを持参して出社、トイレ掃除を自分の日課にし一日も欠かさずこれを実行しました。ただし、それが信頼関係に繋がったかどうかはわかりませんが(笑)

本業は、外資系の建材メーカーの販売代理店という仕事です。入社当時からメーカーからはリックス工業の後継者という立場で見られていましたが、業界経験は皆無、親族でもない赤の他人ということもあって、周囲の評価は非常に厳しく私の存在自体を訝る人も少なくなかったと思います。そんな中、何とか実績をつけて信頼してもらおうと日々奮闘していましたが、周囲の目は予想以外に冷ややかで、代理店という存在自体を脅かされる時期が長く続き、事業継承どころか事業存続が怪しくなった時期もあります。でも、そんな環境にめげずに、何とか努力と実績を積み重ね社長や周囲からの信頼を構築できたことで後継者としても認められ、入社6年目で晴れて事業承継を迎えることができました。

私たちのこだわり

事業承継を社員もすべて入れ替わり現在は30代と40代が半々で計14名、以前は60歳を超えていたた平均年齢も37~8歳ぐらいに若返りました。積極的な採用活動は行っていませんが、弊社に興味のある人材に対し、その人が持っているスキルとポテンシャルで、ビジネスにプラスアルファをもたらすか否かで採用面談をしています。投資に近いところもあり戦略的な採用も必要とは感じています。

これまで「デュポン™ タイベック®」の販売代理店としてハウスメーカーや地場工務店様のお手伝いをさせて頂いてきましたが、お客様の持つ課題に向き合うことで、現在は左官工事やウェブマーケティングの事業が立ち上がりました。それぞれが何の関連性もない事業に見えますが、住宅会社へのソリューションという共通項に弊社が取り組んだ結果がビジネスとして立ち上がったものです。また、左官工事については、取引先の事業譲渡を経ての事業部ですので、過去の事業承継の経験やM&Aの知識が役に立ちました。

親族外事業承継を実践してみて再現性はありますか

あまり自分が全面的に出ていくのは、年齢的にも体力的にも今はしんどいかもしれません。もともとこの会社に入社を決めた理由も、クライアントの事業継続の可能性を模索し、私が一番のファンとしてそれを応援した結果です。それもあってどのように事業を承継するべきなのか、拡大路線よりも優良企業を残す方法に没頭していました。この経験を活かしてこれから引継ぎを検討している人であったり、脱サラなど私と同じ境遇の人がいれば支援やお手伝いができることはあるのかと思います。地域や地方においては、事業承継によって存続できる企業はたくさんあります。

業界の将来の展望はどうお考えですか

広いくくりでいえば、建設業界になりますね。住宅の市場は少子高齢と人口の過疎化などで縮小し事業者も淘汰されていくと思います。そのため事業を存続するためには、今の事業や取引関係を少しでも太くしていき、物量を減らさないようにすることです。どこも同じかもしれませんが食い合う部分も出てきますし、新しい販路や商流を見出す必要もあり業績を維持するための戦略と戦術が課題です。
また、技術の継承という点において何かしらお手伝いができないかと考えています。数少ない希少な技術者が、経営は面倒、数字が苦手というだけで、現場から離れてしまうことは業界にとって非常にマイナスです。弊社の組織、ネットワークに参加していただくことで、安定した労働環境で高い技術を存分に発揮してほしいです。

事業承継を社員もすべて入れ替わり現在は30代と40代が半々で計14名、以前は60歳を超えていたた平均年齢も37~8歳ぐらいに若返りました。積極的な採用活動は行っていませんが、弊社に興味のある人材に対し、その人が持っているスキルとポテンシャルで、ビジネスにプラスアルファをもたらすか否かで採用面談をしています。投資に近いところもあり戦略的な採用も必要とは感じています。

これまで「デュポン™ タイベック®」の販売代理店としてハウスメーカーや地場工務店様のお手伝いをさせて頂いてきましたが、お客様の持つ課題に向き合うことで、現在は左官工事やウェブマーケティングの事業が立ち上がりました。それぞれが何の関連性もない事業に見えますが、住宅会社へのソリューションという共通項に弊社が取り組んだ結果がビジネスとして立ち上がったものです。また、左官工事については、取引先の事業譲渡を経ての事業部ですので、過去の事業承継の経験やM&Aの知識が役に立ちました。

親族外事業承継を実践してみて再現性はありますか

あまり自分が全面的に出ていくのは、年齢的にも体力的にも今はしんどいかもしれません。もともとこの会社に入社を決めた理由も、クライアントの事業継続の可能性を模索し、私が一番のファンとしてそれを応援した結果です。それもあってどのように事業を承継するべきなのか、拡大路線よりも優良企業を残す方法に没頭していました。この経験を活かしてこれから引継ぎを検討している人であったり、脱サラなど私と同じ境遇の人がいれば支援やお手伝いができることはあるのかと思います。地域や地方においては、事業承継によって存続できる企業はたくさんあります。

業界の将来の展望はどうお考えですか

広いくくりでいえば、建設業界になりますね。住宅の市場は少子高齢と人口の過疎化などで縮小し事業者も淘汰されていくと思います。そのため事業を存続するためには、今の事業や取引関係を少しでも太くしていき、物量を減らさないようにすることです。どこも同じかもしれませんが食い合う部分も出てきますし、新しい販路や商流を見出す必要もあり業績を維持するための戦略と戦術が課題です。
また、技術の継承という点において何かしらお手伝いができないかと考えています。数少ない希少な技術者が、経営は面倒、数字が苦手というだけで、現場から離れてしまうことは業界にとって非常にマイナスです。弊社の組織、ネットワークに参加していただくことで、安定した労働環境で高い技術を存分に発揮してほしいです。

ツグナラコンサルタント

ツグナラコンサルタントによる紹介

ツグナラコンサルタント

米倉社長は事業承継を支援する立場でもあったことから、地域経営資源引継ぎに高いアンテナをお持ちです。当社自体も支援側から入社しておりますし、事業の発展においても経営資源の引継ぎを実行されてきています。地域内における第三者承継の実践事例として、ツグナラ企業の皆様からしても参考になる点が多いかと思われます。

インタビュアーのコメント

地域における親族外事業承継の成功事例に挙げられます。しかも異業種からの転身という点でも業界の習わしに捉われない柔軟な発想と展開力が今のリックス工業の強みかと思います。

会社概要

社名 リックス工業株式会社
創立年 1995年
代表者名 代表取締役 米倉 一統
資本金 1000万円
従業員数 12名
事業エリア 栃木県(小山市)
本社住所 323-0811
栃木県小山市犬塚3-8-2-105
事業内容 デュポン タイベック、左官・塗り壁、Webマーケティング、管材・燃料設備事業
URL
https://licks.co.jp/

会社沿革

公開日:2021/07/21

※本記事の内容および所属名称は2021年6月11日取材当時のものです。現在の情報とは異なる場合があります。