ツグナラ
株式会社大正光学

レンズ研削・コーティング技術の追求と更なる進化を目指す

株式会社大正光学

難局を乗り切る組織力と「マイカンパニー」となる社員育成をおこなう光学事業者

経営理念

行動理念

  1. 私たちは出来ない言い訳をするのではなく、出来る方法を考えます。
  2. 私たちは常に考え行動します。
  3. 私たちはあらゆる場面でスピードを追求します。
  4. 私たちは徹底して情報共有にこだわります。
  5. 私たちは社内の輪を重んじ互いに協力し合います。

01.Mission

和(一致協力)
和を以て尊しと為す

企業理念「使命・存在意義」
社員全員がお互いに協力して輪を重んじること、徹底して情報共有すること。

02.Vision

全社員の幸せ向上、100年続いて進化する会社

企業ビジョン「長期的にめざす姿」として、全ての社員・わが社に関わる人々※が幸せであること、そして常に進化し続ける会社であること。
※関わる人々とは、社員とその家族、社外社員(仕入れ先・協力会社)とその家族、現在顧客と未来顧客、地域のみなさま、出資いただく皆様、その他関係するみなさま

03.Value

5方良しの経営

価値観・行動指針「大切にすべき価値観」として
近江商人の「三方良し」から大正光学が考える「5方良し」の「幸せを実現する正しい経営」を実現します。
―当事者意識と組織力強化
―第2領域重視の思考定着化
―ビジョンを核に全員参加活動

大正光学のフィロソフィーは、組織の「存在意義=ミッション」、「目指す姿=ビジョン」、「価値観・行動指針=バリュー」の3つの階層から成り立っています。バリューに基づき行動したうえで、長期的なビジョンを目指し、ミッションを実現していくものです。

フィロソフィーは会社の哲学ですが、組織内で課題解決などに迷った時に立ち返れるものでもあります。ひとり一人の社員においても、組織全体においてもこの基軸を大切なOSとしていきます。

又、この基軸になる考え方を創り出したのは、創業者の内藤厚会長です。

創業以来、現代表の内藤信雄になっても、この想いが脈々と繋ぎ続けられています。近江商人が残した「三方良し」は多くの経営者の指針となっていますが、弊社では、「5方良し」の経営を目指しています。「企業経営の最大・最高の使命と責任は、企業にかかわるすべての人々の幸せの追求・実現である」という考え方に基づきます。そのためには、当事者意識が高い人財の育成による組織力強化、Q2行動の思考定着(7つの習慣の第2領域への時間投下)、ビジョンを核にした全員参加での組織作りを実行していきます。

弊社が大切にするそれらのバリューによって、「全社員の幸せ向上」「100年以上続いて進化する会社」のビジョンを実現していきます。これらは全てミッションに基づいています。

人財育成への取り組み

– OJT(内部研修)
– Off-JT(外部研修)
– 階層別研修
– 目的別研修
– スキル別研修
– 自主学習 e-learning

ツグナラ企業へのお問い合わせ

インタビュアーのコメント

先代の理念に加えて「5方良し」を掲げ、お客様だけでなく社員や社員の家族など、関係する誰もが幸せになれる経営を目指されている、社長の熱い想いが伝わってきました。

公開日:2021/11/18 (2021/12/02修正)

※本記事の内容および所属名称は2021年9月取材当時のものです。現在の情報とは異なる場合があります。

© Copyright 2021 TGNR All rights reserved. "ツグナラ" and logomark / logotype is registered trademark.