「農業は土づくりにあり」を信条に80年、農薬・有機肥料にこだわる

株式会社若山商店

地産野菜農家と二人三脚で作る「厳選食材」を活かした老舗和菓子店

経営理念

  1. 創業以来、栗加工を手掛け、栗に関する菓子、缶詰、瓶詰の製造技術の向上に励んでおります。
  2. 当社独自のさつまいもに関する加工技術を保有しております。
  3. 日配食品等、時代の変化に対応した新製品開発に、日々努力しております。

たくさんのお客様に、和のお菓子で感動としあわせを感じていただけるよう、心をこめてつくっております。

社長メッセージ

創業75年の事業承継メッセージ

時折口寂しくなると、なんだか甘いものが恋しくなる。そんな時にいただくほんのり甘い和菓子と熱いお茶は、格別です。

時代の流れとともに、和菓子に求められる役割もさまざまに変わって参りました。食品として美味しいこと、安心・安全に食べられることは当たり前です。しかし、それとは別に、多くの皆さまが和菓子に「癒やし」を求めていらっしゃると感じています。身体が疲れているときには豊富に含まれた糖分と栄養がエネルギーとなり、心が疲れている時には、やさしい甘さが一服の清涼剤となります。和菓子とともに過ごす時間が、まさに「幸せなひととき」をつくりだしているのです。弊社が目指しているのは、そういったたくさんの「幸せ」を和菓子に乗せて運ぶことです。

お客様に美味しいお菓子と幸せをお届けするためには、そこで働いているスタッフも幸せでなければなりません。一生懸命に働いてくれているスタッフが、仕事に夢や希望をもって積極的にチャレンジし、多くの幸せをつくり出せる環境を整えること。それが結果的に、お客様のよろこびと幸せにつながると信じて、日々の業務に全力で取り組んでまいります。

事業環境・地元への想い

私たちの商品に多く使われる「サツマイモ」は、国内でも有数の産地でもある茨城の農家は後継者不足が顕著になっており、サツマイモの生産量も年々減っています。超高齢化となり、この先5~6年でさらにサツマイモ農家は減ってしまうことが予想されます。農業は身体を使うため体力が必要でもあり、高齢になると継続することが困難になります。そして、農業経営者もまた日本の人口ピラミッドの変化に伴い70歳を超える人たちが増えています。そこで若山商店では、地元農家を応援しサツマイモ農家の取引先にも一緒に良いものをつくっていこうと一丸となって後継者を創出しています。

安くければ良いという過当競争の時代ではなくなりました。商品のブランド価値を高め、付加価値を含めた消費者に納得される値段を設定しなければ生き残ることはできません。そうして生み出した利益により農家を守れるような和菓子店を目指しています。そんな和菓子店を目指していきます。消費者のニーズも変わっていきます。安定した味の品質だけでなく、製造過程のストーリーや多角的な視点から商品を生み出していくことも重要です。そして何よりも、地元に愛される商品であるために安心安全を常に心掛けています。

私たちのこだわり

若山商店のこだわり

栗のわかやま

果実が大きく風味がよい若山農場の和栗を使用しています。親子3代80年以上受け継がれてきた「農業は土づくりにあり」を信条に、無農薬、有機肥料にこだわり、枝の隅々までたっぷり日の光を浴びるよう剪定し、丹精をこめて栽培しています

厳選素材と地産野菜、日光伏流水

創業前には農業をしていたこともあり、厳選素材の使用には強いこだわりがあります。1962年に建設された石井工場では漬物を製造しており、輸入品ではなく国産のらっきょうやきゅうりなどを扱っていました。この頃から農家の指導を行いながら、二人三脚で地産野菜を作っていく礎が築かれました。(漬物屋は約30年前に閉店)

手作りの大量生産

栗の皮むきは機械でおこなうことが一般的ですが、どうしても皮の渋味が残ります。『御栗』は職人が一つひとつに皮が入らないようくりぬき、純粋な和栗の身だけを使用します。スイートポテト用のサツマイモの皮むきは障がい者施設に依頼し、手作業でひとつひとつ丁寧に高性能なピーラーでおこなっています。

働き方・雇用について

事業承継者(専務)の方針で、雇用にも力を入れています。障がいや持病をもっていて働くことに弊害がある人も、面談をおこないどうすれば定着できるかを話し合い働く機会をつくっています。現在も社員として、精神障がい者1名や発達障がい者1名を受け入れています。受け入れをしてから、社員同士のトラブルも減りました。相手の話をよく聞き、思いやる気持ちから職場環境が自然と改善し、生産効率も向上しました。障がい者のご家族も職場へ来ていただき、働く環境を見ていただいています。

専務の休日風景

専務の休日は、家族を大切にする一面が垣間見えました。4人の子供たちととにかく触れ合うようにしています。長女と次女が野球をしていますが、専務は全くの野球経験がないため見よう見まねで手伝いをして早5年が経ちました。先日も、小学2年生の長男と千本松牧場へサイクリングに行ったりと家族の話は尽きませんでした。現在お住いのご近所は同世代の方が多く、ご近所とも仲が良いなど専務のお人柄が伝わります。

株式会社若山商店_私たちのこだわり_画像

若山商店のこだわり

栗のわかやま

果実が大きく風味がよい若山農場の和栗を使用しています。親子3代80年以上受け継がれてきた「農業は土づくりにあり」を信条に、無農薬、有機肥料にこだわり、枝の隅々までたっぷり日の光を浴びるよう剪定し、丹精をこめて栽培しています

厳選素材と地産野菜、日光伏流水

創業前には農業をしていたこともあり、厳選素材の使用には強いこだわりがあります。1962年に建設された石井工場では漬物を製造しており、輸入品ではなく国産のらっきょうやきゅうりなどを扱っていました。この頃から農家の指導を行いながら、二人三脚で地産野菜を作っていく礎が築かれました。(漬物屋は約30年前に閉店)

手作りの大量生産

栗の皮むきは機械でおこなうことが一般的ですが、どうしても皮の渋味が残ります。『御栗』は職人が一つひとつに皮が入らないようくりぬき、純粋な和栗の身だけを使用します。スイートポテト用のサツマイモの皮むきは障がい者施設に依頼し、手作業でひとつひとつ丁寧に高性能なピーラーでおこなっています。

働き方・雇用について

事業承継者(専務)の方針で、雇用にも力を入れています。障がいや持病をもっていて働くことに弊害がある人も、面談をおこないどうすれば定着できるかを話し合い働く機会をつくっています。現在も社員として、精神障がい者1名や発達障がい者1名を受け入れています。受け入れをしてから、社員同士のトラブルも減りました。相手の話をよく聞き、思いやる気持ちから職場環境が自然と改善し、生産効率も向上しました。障がい者のご家族も職場へ来ていただき、働く環境を見ていただいています。

専務の休日風景

専務の休日は、家族を大切にする一面が垣間見えました。4人の子供たちととにかく触れ合うようにしています。長女と次女が野球をしていますが、専務は全くの野球経験がないため見よう見まねで手伝いをして早5年が経ちました。先日も、小学2年生の長男と千本松牧場へサイクリングに行ったりと家族の話は尽きませんでした。現在お住いのご近所は同世代の方が多く、ご近所とも仲が良いなど専務のお人柄が伝わります。

株式会社若山商店_私たちのこだわり_画像

サービスの特徴 | 御栗

-サービスの特徴-

御栗

特徴

無農薬・無肥料の高品質な栗を使用しています。

こだわり

とれたての栗をふかしたあとに職人が一つひとつ手作業でくり抜いた栗の身だけを使用しています。ほんの少しの砂糖と一緒に練り上げました。栗そのものの風味と味わいをお楽しみください。

食材

果実が大きく風味がよい若山農場の和栗を使用しています。栗づくりの指導者でもあった創業者から親子3代80年にわたり「農業は土づくりにあり」を信条に、無農薬、有機肥料にこだわり、枝の隅々までたっぷり日の光を浴びるよう剪定し、丹精をこめて栽培しています。農場は和栗のほかにも24ヘクタールもの竹林があり、自然豊かな環境です。日光連山を後ろに控えた大地と水、そして降りそそぐ日の光を浴びて育まれた豊かな味わいの栗は、皆様にお喜びいただけること間違いないと思っております。

工程

収穫した栗は通常おこなう薫蒸(密閉空間でガス状にした薬剤を蔓延させ、有害生物を駆除する方法)をせず、すぐに冷凍保存し糖化させ、また、一年中獲りたての栗の美味しさを味わえるようにしました。また皮むきは、通常機械で行っておりますが、どうしても皮の渋味が残ります。『御栗』には職人が皮が入らないよう一つ一つ手作業でくりぬき、純粋な和栗の身だけを使用します。そこに砂糖をほんの少しだけ加え、風味をそこなわないよう火加減を調整しながら熟練技で練り上げます。『御栗』1個に栗3粒分を使用した贅沢な逸品です。和栗本来の優しい香りと濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。

包装

ひとつひとつ箱に入った個包装なので、ちょっとした手土産やお配り用にも便利です。また、ひとくちサイズで、日本茶やコーヒー、紅茶にも相性ぴったりで、急なご来客のお茶請けにも最適です。12個入りもございますので、大切な方への贈りものとしてもぜひご利用ください。

株式会社若山商店_サービスの特徴_画像

特徴

無農薬・無肥料の高品質な栗を使用しています。

こだわり

とれたての栗をふかしたあとに職人が一つひとつ手作業でくり抜いた栗の身だけを使用しています。ほんの少しの砂糖と一緒に練り上げました。栗そのものの風味と味わいをお楽しみください。

食材

果実が大きく風味がよい若山農場の和栗を使用しています。栗づくりの指導者でもあった創業者から親子3代80年にわたり「農業は土づくりにあり」を信条に、無農薬、有機肥料にこだわり、枝の隅々までたっぷり日の光を浴びるよう剪定し、丹精をこめて栽培しています。農場は和栗のほかにも24ヘクタールもの竹林があり、自然豊かな環境です。日光連山を後ろに控えた大地と水、そして降りそそぐ日の光を浴びて育まれた豊かな味わいの栗は、皆様にお喜びいただけること間違いないと思っております。

工程

収穫した栗は通常おこなう薫蒸(密閉空間でガス状にした薬剤を蔓延させ、有害生物を駆除する方法)をせず、すぐに冷凍保存し糖化させ、また、一年中獲りたての栗の美味しさを味わえるようにしました。また皮むきは、通常機械で行っておりますが、どうしても皮の渋味が残ります。『御栗』には職人が皮が入らないよう一つ一つ手作業でくりぬき、純粋な和栗の身だけを使用します。そこに砂糖をほんの少しだけ加え、風味をそこなわないよう火加減を調整しながら熟練技で練り上げます。『御栗』1個に栗3粒分を使用した贅沢な逸品です。和栗本来の優しい香りと濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。

包装

ひとつひとつ箱に入った個包装なので、ちょっとした手土産やお配り用にも便利です。また、ひとくちサイズで、日本茶やコーヒー、紅茶にも相性ぴったりで、急なご来客のお茶請けにも最適です。12個入りもございますので、大切な方への贈りものとしてもぜひご利用ください。

サービスの特徴 | お芋の蒸し羊かん

-サービスの特徴-

お芋の蒸し羊かん

特徴

産地と品種にこだわり、選び抜いたおいしいお芋を丁寧に仕込んだ蒸し羊かんです。

こだわり

サツマイモを、農家から直接購入しています。今まで細いサツマイモは、農家で廃棄していたものですが、あえてそれらを使用しています。このお芋の蒸し羊かんは、細いサツマイモでなければ作れません。毎年20tほどを購入しており、お互いにメリットがあります。これは、地元農家に代々指導をおこなってきたことで築き上げられた良好な関係により実現しています。そうした関係性をもっていることは、若山商店の強みでもあります。また、「商品として価値がないものに価値をつけること」は祖先が農家だったからこその教えですが、今は大きな財産です。

株式会社若山商店_サービスの特徴_画像

特徴

産地と品種にこだわり、選び抜いたおいしいお芋を丁寧に仕込んだ蒸し羊かんです。

こだわり

サツマイモを、農家から直接購入しています。今まで細いサツマイモは、農家で廃棄していたものですが、あえてそれらを使用しています。このお芋の蒸し羊かんは、細いサツマイモでなければ作れません。毎年20tほどを購入しており、お互いにメリットがあります。これは、地元農家に代々指導をおこなってきたことで築き上げられた良好な関係により実現しています。そうした関係性をもっていることは、若山商店の強みでもあります。また、「商品として価値がないものに価値をつけること」は祖先が農家だったからこその教えですが、今は大きな財産です。

サービスの特徴 | 宮ゆず丸ごと羊かん

-サービスの特徴-

宮ゆず丸ごと羊かん

特徴

香り高い『宮ゆず』を使用しています。

こだわり

もぎたての柚子で作った柚子釜(柚子の実をくり抜き、皮のみを釜状に残したもの)の中に羊羹を流し込みました。皮ごとお召し上がりいただける無添加の羊かんです。

食材

宇都宮市北西部の新里(にっさと)地区で栽培される柚子は、『宮ゆず』と呼ばれています。冷涼な気候の北限のゆずとして、寒風と太陽にはぐくまれ肉厚になった果皮は香りが強く、健康成分もたっぷりです。昨今では県外のレストランやホテルの料理人から注目を集めていますが、市場には流通しておらず「幻の柚子」とも呼ばれております。床井柚子園の2代目である床井光雄さんの『宮ゆず』は、ひとつひとつに太陽の光が当たるよう丁寧に栽培されています。2019年11月皇位継承にともなう「大嘗祭(だいじょうさい)」にて奉納されました。『宮ゆず』をつかった製品にこだわりをもつ床井柚子園さんと若山商店で開発を進め、料亭で人気の「ゆず窯」(果実をくり抜き、果皮に数の子などを詰めた料理)をヒントに生まれたのが、『宮ゆず丸ごと羊かん』です。

工程

肉厚で香り高い宮ゆずの果肉をくりぬき、できるだけ柔らかく糖蜜で果皮を煮込み、ゆず窯をつくります。そこに柚子果肉からつくった熱々の羊かんを流し込みます。何度も試行錯誤を重ね、ようやく辿り着いたこだわりの製法です。

包装

常連のお客様にとても人気の高い商品です。ぜひ小分けにして、スイーツのようにお召し上がりください。柚子の香りが口いっぱいに広がり、『宮ゆず』の滋味が一層甘さを引き立てます。

株式会社若山商店_サービスの特徴_画像

特徴

香り高い『宮ゆず』を使用しています。

こだわり

もぎたての柚子で作った柚子釜(柚子の実をくり抜き、皮のみを釜状に残したもの)の中に羊羹を流し込みました。皮ごとお召し上がりいただける無添加の羊かんです。

食材

宇都宮市北西部の新里(にっさと)地区で栽培される柚子は、『宮ゆず』と呼ばれています。冷涼な気候の北限のゆずとして、寒風と太陽にはぐくまれ肉厚になった果皮は香りが強く、健康成分もたっぷりです。昨今では県外のレストランやホテルの料理人から注目を集めていますが、市場には流通しておらず「幻の柚子」とも呼ばれております。床井柚子園の2代目である床井光雄さんの『宮ゆず』は、ひとつひとつに太陽の光が当たるよう丁寧に栽培されています。2019年11月皇位継承にともなう「大嘗祭(だいじょうさい)」にて奉納されました。『宮ゆず』をつかった製品にこだわりをもつ床井柚子園さんと若山商店で開発を進め、料亭で人気の「ゆず窯」(果実をくり抜き、果皮に数の子などを詰めた料理)をヒントに生まれたのが、『宮ゆず丸ごと羊かん』です。

工程

肉厚で香り高い宮ゆずの果肉をくりぬき、できるだけ柔らかく糖蜜で果皮を煮込み、ゆず窯をつくります。そこに柚子果肉からつくった熱々の羊かんを流し込みます。何度も試行錯誤を重ね、ようやく辿り着いたこだわりの製法です。

包装

常連のお客様にとても人気の高い商品です。ぜひ小分けにして、スイーツのようにお召し上がりください。柚子の香りが口いっぱいに広がり、『宮ゆず』の滋味が一層甘さを引き立てます。

ツグナラコンサルタント

ツグナラコンサルタントによる紹介

ツグナラコンサルタント

若山商店は従業員、顧客、生産者など地域と共に時間を歩んできました。その時間は各々幸せで豊かな時間であってほしいと専務は言います。その思いが今の企業風土を築き、心も身体も満たしてくれる“若山商店の和菓子”を誕生させているのではないでしょうか。

インタビュアーのコメント

創業からの農業を営み人を敬う姿勢と時代の変化に合わせた事業変革は次世代経営者にとっての悩みかもしれません。ただ、若山商店はその変化にも抗うこともなく且つ創業の思想もしっかりと心にとどめている点ではこれからの進化に期待を感じています

会社概要

社名 株式会社 若山商店
創立年 1958年
代表者名 代表取締役 若山 雄三
資本金 2000万円
従業員数 103名
事業エリア 栃木県(宇都宮市)
本社住所 320-0057
栃木県宇都宮市中戸祭1-13-23 Tel 028-622-3855

営業本部・石那田工場
321-2103
栃木県宇都宮市石那田町1930 Tel 028-669-2524

直営店
320-0057
栃木県宇都宮市中戸祭1-13-23
事業内容 レトルト殺菌製品の製造及び販売
日配食品(蒸し羊かん、あんみつ等)の製造及び販売
栗瓶缶詰の製造及び販売
URL
https://www.wakanet.co.jp/

会社沿革

1946年 宇都宮市伝場町で創業
1958年 法人成り
1962年 石井工場建設
1972年 石那田工場建設 現在に至る

公開日:2021/06/18 (2021/07/19修正)

※本記事の内容および所属名称は2021年5月取材当時のものです。現在の情報とは異なる場合があります。