ツグナラHOME  サービス

日本で一番ではなく、世界で最も環境にやさしい紙おしぼりです

私たちの製品は創業期から素材・パッケージ・保存料まですべて国産材料にこだわっています。コストは高くなってしまいますが、お子様からご年配の方までご安心してお使いいただくことを最優先としているためです。お客様の安心安全と同時に考えなければならないのは環境への影響です。地球規模で増え続けるごみ問題を自分ごととして捉え、従業員一同で議論と研究を重ねた結果、土にかえる紙おしぼり「エコシボ」が生まれました。おかげさまで発売以来、安全と環境の両立を目指す全国のお客様からご愛顧をいただいております。

サービスを見る

経営理念の実現に向けて

社会に貢献することを経営理念とする私たちは、2008年に「Green Age Project」を立ち上げ、以来売上の一部を海外の緑化基金に寄付しています。地球の砂漠化が年々深刻になっている現状に対して、私たちだけでできることは限られるため、より先進的・科学的に研究を進めている実績のある機関に託すことにしました。こうした社会貢献活動にご賛同いただくお客様の輪が少しづつ広がった結果、地球環境問題が議題になる国際会議「G20大阪サミット」に当社の紙おしぼりが採用されることとなりました。私たちはこれからも経営理念の実現に向けて、自分たちにできることはないか、より実効性の高い活動は何かを考え実践してまいります。

サービスを見る

大規模施設からご家庭まで、幅広く対応

創業以来40年、清掃業務でご満足いただくことを基本としながら、関連業務のご要望にもお応えすることで少しずつですが業務が広がってまいりました。これはひとえにお客様はじめ関係者皆様のご支援のおかげです。心からお礼申し上げます。そして未知の仕事にも果敢にチャレンジしてくれた社員皆さんに感謝しています。「汚れているところをきれいにする人のこころはきれいだ」と言われます。汚れている場所ほど「なんとしてもきれいにしてお応えしよう!」と努力する社員皆さんが会社の誇りです。

サービスを見る

企業としての責任を果たすために

私たちは、お客様の喜びを追求するのと同時に、社員一人ひとりの人生がより豊かになるために何ができるかを考え行動してまいりました。弊社のサービスは決して華やかな内容ではありませんが、人様のお役に立てるとても尊い仕事。だからこそ社員皆さんには自信と誇りを持っていただきたいと強く思っています。社会のお役に立つ機会の創出と、そこで生き生きと活躍できるステージを美しく整えることが弊社の使命です。「企業は社会の公器である」この原理原則をこれからも守り続けてまいります。

サービスを見る

昔ながらのお客様に寄り添うスタイルこそが、強みです。

私たちは100年以上の歴史を持つ酒屋ですが、これまで順風満帆だったわけではありません。25年程前まで家族だけで経営しており、大手ディスカウントショップとの価格競争にはとても太刀打ちできませんでした。 それでも今日まで成長してこられたのは、特別な秘策があったわけではありません。強いて言うなら…真面目に、誠心誠意、お客様に向き合った結果と思います。お酒のこと以外でも、困ったことがあれば話を聞いて一緒に悩んだり、いいことがあれば一緒に笑い合ったり…。 だから社員みんなも、そういう環境の中で、自立し、自発的な行動が出来る人間として成長してくれています。これもひとえに、人と人とのご縁のおかげ。今後も感謝の気持ちで邁進します。

サービスを見る

これからの100年

私たち嶋田屋は一人ひとりのお客様・生産者様との絆を大切にし、時を守り、場を清め、礼を正し、思いを込めて、スタッフ一同、常に挑戦し続け、「鍵を預けられる酒屋」として信頼をいただいてまいりました。関係者皆様に深く感謝申し上げます。 これからは、より一層ご活用いただけますよう、新商品や新サービスを創造するために様々な分野に挑戦し、温かく真の強い嶋田屋の理念を守りながら発展し続けたいと考えております。皆様のご期待にお応えするよう引続き努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

サービスを見る

4事業部体制2関連会社体制

4つの事業の柱を持つことで、お客様に対するワンストップ(光陽に依頼すれば何でもできる)のサービスが可能になります。柱が複数あることは、経営的にも安定を継続できます。これまで数多くの施工実績を有しており、主なお得意先は栃木県、宇都宮市など地方公共団体や上場企業など多岐にわたります。特に公共施設や工場等が多いため、高い技術力と高品質が求められているなか、常に安全を第一に考え、お客様のニーズに沿うよう万全で確実な施工を実施しております。

サービスを見る

人材に対する考え方

弊社のモットーは「安全は全てに優先する」です。安全施工はお客様に対しての最大のサービスであります。また、社員を事故から守る、企業の信頼を守るという観点でも無事故無災害の継続に努めております。また、スローガンは「3C精神で未来に夢を!」を掲げております。3Cとは、「Challenge(挑戦し)」、「Change(変革し)」、「Create(創造する)」のことです。 人材育成においては、技能研修は言うまでもなく、マネジメント能力アップのための階層別研修、加えて平成28年より“KOYO技能・技術大学校”(土曜日 終日開催)を開校し、先輩社員から若手社員への技能・技術の継承に力を入れております。近年、新卒採用に力を入れてきた結果、社員の平均年齢が36歳となり会社が若返りました。若手社員が大いに活躍しております。

サービスを見る

那須エリア全体の活性化への取組

那須ハイランドパークをさらに魅力ある遊園地にすることで、那須エリア全体の活性化に取り組んでいます。2016年に東証一部上場の日本駐車場開発株式会社のグループ会社になって以降、来場者数向上のため、様々な取り組みを行って参りました。その1つの策としてペットフレンドリーな遊園地作りを進めてきました。もともとペット連れでの入園は可能でしたが、観覧車やメリーゴーラウンドなどペットと乗れるアトラクションを5つに増やし、ドッグカフェ、屋内ドッグランも整備しました。子供たちは動物が好きなので、オーナー様だけではなくお客様の満足にもつながっていると考えています。また2017年には日本初の観光地域密着型の自転車プロチームのメインスポンサーになりました。スポンサーになったことで周りの観光施設や地元の方たちに、那須ハイランドパークの那須エリアを一緒に盛り上げたいとの気持ちをご理解いただいたと感じています。

サービスを見る

「お客様に喜んでもらうために」を考えたチャレンジ

藤和那須リゾートは総合リゾート開発会社として、「お客様に喜んでもらうために」を考えチャレンジし続けております。ペットフレンドリーな遊園地作りは当初、日本でペットの数が子どもの数を上回り、大事な家族の一員となっていることを受け、休日にワンちゃんと家族全員が一緒に楽しんでいただける日本一のリゾートを目指すことを目標に始めたことでした。他の取り組みとして2017年4月に那須ハイランドパークとTOWAピュアコテージに隣接する森に、那須の森の木々と傾斜地をそのまま活かしたアスレチック遊具「NOZARU」をオープンしました。遊園地、宿泊施設、別荘地を保有・運営する当社ですが、実は管理区域内にまだまだ未開拓な森を保有しています。遊園地とは違ったコンセプトのレジャー施設を作って那須の自然をお客様に体感してもらいたい、大人も子供も那須の森で木々の上を飛び回るノザルになろう、そんな想いから開発に着手しました。お客様の喜びを第一に考えた商品・サービス企画開発が当社の最たる強みです。

サービスを見る