ツグナラ
公開日
2021.07.11  2021.07.20更新
宇都宮市 栃木県 ビジネスマッチング 事業譲渡 副業人材 情報資源募集 業務提携・資本提携 機材・設備募集
経営資源引継ぎ:ヒト

栃木県内の地域後継者不在や跡継ぎ問題のある事業者の経営資源引き受けと跡継ぎ支援

地域に愛される店へ お客様からの期待に応え続けていきます

有限会社存じやす

引継ぎを希望する経営資源(ヒト/副業人材)

栃木県内の地域後継者不在や跡継ぎ問題のある事業者(飲食以外でも可)の経営資源引き受けと跡継ぎ支援

私たちの特徴

とちぎ経営人財塾受講 ファミリービジネス 事業転換 創業50年以上 商品・サービス開発 成長企業 社長の年齢50代 経営資源引継ぎへの関心 設立50年以上

引継ぎ応募の理由

飲食関連事業の経営資源の引き継ぎだけでなく、弊社では過去に1度後継者不足の事業受入れも経験しています。地域貢献ふくめ支援・サポートできるところはしていきたいことと、跡継ぎ・後継者がいない事業者は地方課題でもあります。出来れば栃木県内の県央近辺が理想です。それと、創業者や現経営者のマネジメントが色濃い企業になると我々も経営に長けている訳でもないのでお互いにとって存続可能であるかは経営環境から十分に確認させていただきたく思います。存じやすの育成方針でもある個の力量を伸ばすバイタリティと自主性を活かす風土の中で、人でもお店でも食文化を育む人、コラボレーションもビジネスマッチングもご興味ある方はぜひお問合せください。

実績・事業引継ぎに対する取り組み

技術力も成績を出していてもトップダウンの中では人はなかなか育ちません。仕入が得意、調理が得意、サービスが得意といった一人一人の個性や得意分野を育んできました。
全てお客様へのおもてなしをモットーにしているため、50年続く飲食事業で培ってきたお客様の喜んでいただけることに全力を注いでいます。出来ないことを知ることも重要で、味の伝承とは別に時代によってお客様へのプレゼンテーションであったり、来店者さまへのエンターテインメント性など今後は事業も変化と進化をしていく必要があります。
最高の素材を仕入れをして最高の調理を提供して、また来たくなる特別な時に再来するそんな食のエキスパートを追求しているのが存じやすです。

この経営資源引継ぎへのお問い合わせ

有限会社存じやす 会社概要

とちぎの「洋食」の歴史 = 存じやすの歴史

経営理念

とちぎの「洋食」の歴史= 存じやすの歴史

「あの」ステーキのたれは、存じやすが元祖です。
1932年、釜川のほとりで誕生したフレンチ存じやす。
宇都宮における「洋食」・「ステーキ」、そしてこの地域に根付いた「ステーキのたれ」という文化は、ここ存じやすを起点としてはじまり、広がっていきました。

ステーキのたれの系譜

今から20年以上も前になりますが、今も大曽にあった「ステーキ桂」の先代や、今は引退してしまった「グリル富士」の主人などが兄弟弟子として店に入ってきました。

また、初代は他の店で食事に行くと職人の技でもあった「たれ」を至極あっさりと作り方を教えていました。門外不出や企業秘密という言葉もなく、純粋に美味しものとして広めていったのかと思います。ただ、兄弟弟子が独立するときやレシピを教えた他のお店も存じやすのたれとそっくりなもので提供するのではなく、自分のアレンジを加えて提供しとちぎの「洋食」の歴史が存じやすの歴史と自負しています。

現在、ステーキのたれが栃木県宇都宮のみならず全国規模の知名度を得るに至ったのは先代からのレシピ伝授があったからと思っています。

他の企業の経営資源引き継ぎ情報

公開日
2021.07.11  2021.07.20更新
資源アイコン

IT周辺業種でお困りの企業様がいれば、経営資源引継ぎをさせていただきます。IT技術者の育成に自信があります。

ビジネスマッチング
一般職
副業人材
専門職・総合職
情報資源募集
業務提携・資本提携
IoT広告・企画
IT(ハード・ソフト)
お客様のニーズを高い技術力と信頼あるサポート力でカバー

株式会社ソフトクリエイト

公開日
2021.07.16  2021.07.20更新
資源アイコン

後継者不足にお悩みのエクステリア・リフォーム施工業者の事業承継など、同業および類縁の事業者様の経営資源引き継ぎを検討

ビジネスマッチング
事業譲渡
専門職・総合職
情報資源募集
業務提携・資本提携
機材・設備募集
オンリーワンデザインで建物・敷地に合わせたオリジナル設計を実現

株式会社アサヤマ建設

© Copyright 2021 TGNR All rights reserved. "ツグナラ" and logomark / logotype is registered trademark.